NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年11月23日 》
= 社保審・介護給付費分科会 =

新加算、処遇改善加算の取得が要件 大筋了承 ベテラン介護職の賃上げへ年内決定



厚生労働省は22日、ベテランを中心とした介護職員の賃上げに向けて来年10月に創設する新たな加算について、既存の処遇改善加算を取っていることを算定要件とする方針を固めた。
 
社会保障審議会・介護給付費分科会で提案し、委員から大筋で了承を得た。
 
一定のキャリアパスや研修体制の整備、職場環境の改善に取り組んでいることを最低限の前提としたい − 。そうした思惑がある。



広告