NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年12月6日 》

ケアマネ試験、合格率も低水準か 受験者1千人超の県で10.5% 合格者が激減



受験者数が大幅に減った今年度の介護支援専門員の実務研修受講試験 − 。新たにケアマネジャーとして歩み出す人が急減するのは確実だが、合格率の低迷でそのインパクトが一段と大きくなる見通しとなっている。
 
東京都、大阪府、愛知県、福岡県など、受験者数が1000人を超える17都道府県の報告を独自に集計した。受験者数は計3万289人で、全体(4万9312人)の61.4%を占める規模。
 
合格者数は3177人で、合格率は10.5%にとどまっていた。



広告