NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年12月13日 》
=社保審・介護給付費分科会=

来秋の賃上げ、“リーダー級”の介護福祉士がメイン 業界10年も対象 厚労省



勤続10年の介護福祉士を中心とした賃上げに向けて来年10月に新設する加算をめぐり、厚生労働省は12日、最も重視すべき人材の対象に“業界10年”の介護福祉士も加えられるようにする方針を決めた。介護福祉士の資格を有することを要件とする一方で、「勤続10年」の考え方は事業所の裁量で定められる仕組みとする。
 
資格を取ってから10年経っていない、複数の法人を渡ってスキルを磨いてきた、ケアマネや相談員として活躍していた、障害福祉の世界で見識を深めていた − 。
 
こうしたベテラン介護福祉士も、認められれば高い評価を受けられる。



広告